ダンスインストラクターで稼げるようになりたい人が覚えておくべき3つのポイント

ダンスのインストラクター(イントラ)歴7年, 年間500回レッスンをする僕が、ダンスインストラクターでしっかり稼ぎたい方々に理解しておいて欲しい3つのポイント

  • 雇用側と被雇用側の役割
  • スタジオと良好な関係を築く
  • 辞めるべきタイミング

を挙げたいと思います。

この三つを意識できればインストラクターとして稼げたり拡がりのある仕事をすることができるようになると思います。

ダンスインストラクターで稼げるようになりたい人が覚えておくべきポイント①【雇用者と被雇用者の役割をきちんと遂行しましょう】

雇用者→あなたが働くスタジオ

被雇用者→イントラであるあなた

・僕が思うスタジオ側の役割

広告やSNS発信で宣伝をし集客に努力する。イントラがレッスンしやすい環境づくりと、生徒が安心して参加できる環境保全。

・僕が思うイントラ側の役割

来客者にレッスンや自身の魅力を全力で伝えて会員になってもらう。また、会員を継続してもらえるような商品(レッスンコンテンツ)を提供する。

  • スタジオは新規客を呼び込む努力をしているか?
  • インストラクターはお客を定着させ継続させているか?

まずお互いにこの役割をしっかり果たせる関係であるかをしっかり意識しましょう。スタジオもイントラもやる気があるか?お互いの為に頑張ろうという信頼関係があるか?

ポイント①を見極める材料

スタジオ側が役割を遂行してるか見るポイント

  1. 受付スタッフに愛嬌があるか。→受付はスタジオの「顔」。メチャクチャ大事!
  2. スタジオ設備に破損がないか(放置されていないか)→放置しているスタジオはいよいよヤバいです(汗
  3. SNSをしっかり運用しているか→運用してないと新規客がずっとやってこない可能性が高いです!
  4. イントラと日々連携をとろうとしているか→信頼感に大きく影響!

イントラであるあなたももちろん尽力する前提ですが、このポイントはけっこうスタジオの盛り上がりに関係してきます。チェックしておきましょう!

ポイント②【スタジオと良好な関係を築く!】

ここはすごくマナー的な話。当たり前な事なんですが今一度、肝に命じておきましょう!

  1. 無断で遅刻・欠勤をしない
  2. 爽やかに挨拶!
  3. スタジオ使用後はモップかけよう
  4. コミュニケーションを大事に
  5. 集客をある程度成功させ、安定させよう
  6. 自分自身が活躍を見せ、頼られるような人材になろう

僕はこの6つを特に大切にしています。少し意識すれば今日からでもできることです。

周りからの印象はすごくレッスン環境や居心地、生徒からの信頼獲得に左右します!

5番6番は焦らず地道に積み上げて行くことが大切です。

ポイント③【辞めるべきタイミングとは】

これは意外なポイントですが、

「集客の見込みが無いな」と感じたら

辞めるべきだと思います。

判断材料は、

  • 自分の前後のクラスに活気があるか?→会員の流入具合を見ましょう。活気があれば自分のクラスにも流れてくる導線が期待できます。逆に活気がなければ考えた方がいいかも。
  • スタッフが元気か?→受付スタッフは重要視する派です。エネルギッシュなスタッフは会員にも好かれ、スタジオに足を運びたくなる要素のひとつであると考えています。自分が会員でもそう思います。
  • イントラ(あなた)自身のレッスンスタイルがスタジオの風土に合っているか→例えばフィットネスクラブで「ストリートダンススタジオの調子やノウハウ」が受け入れられるかは疑問。実際僕もそこで悩んだ時期がありました。

この三点です。

——————-^_^

①②③のポイントがクリアできればコツコツ努力で生徒さんも増え、きっと自分も楽しく且つ稼げることでしょう!

自分もこの三つを意識して、

インストラクター業の月収は、週11レッスンで40万円くらい。

以上『ダンスインストラクターで稼ぎたい人が覚えておくべき3つのポイント』でした!

タイトルとURLをコピーしました