やりたいダンスを続けていくために。必要な考え方

あなたには続けていきたい!と思えるダンスやそれに関わるライフスタイルがありますか?

  • ダンサーとしてバリバリ活躍していきたい!
  • アラサー、アラフォーからダンス始めたけど楽しいので続けたい!
  • 子供の頃からダンスを続けていて、もっとこれからおもしろいダンス活動をしていきたい!

こんな人々になにかダンスを続けるヒントになれば幸いです。僕もみなさんと同じ気持ちのダンサーのひとりです。

何かのせいでダンスが続けられなくなる

ダンスを続けたいという願望

がある。つまりそれは

ダンスを続けられないかもしれない可能性がある

と言うことの裏返しの願いでもある、と思います。

気持ちは強く持っているつもりでも、外的環境の変化が原因で続けることができなくなるケースは意外と多いです。

例えば

  1. 東京から地方へ転勤になってしまった。頻繁にレッスンに通えていた東京ほどの頻度で通えるスタジオや交通便の良いスタジオは地方には少なく、ダンスをほとんどやらなくなってしまった。
  2. プロダンサーとして日々実績を積み上げ努力しているが利益に繋がらなかったり、年齢的にそれで喰っていくのを諦めざるを得なくなってしまったことから、ダンスをほとんどやらなくなってしまった。

こんな話はよく聞き、とても残念に思った過去があります。もちろん人はキャリアや趣向が移り変わっていくものですから

「やめることが問題」ではありません!!

「ほんとはやりたいのに止めざるを得ない状況がある」

ことに問題意識があるのです。

みなさん自分が好きなダンスを続けたいですよね?ウマイ下手ではなく、やりたいことがやれる環境に価値があるし心が豊かになれる。

自ら事業をつくりお金を稼いで自分の時間を生きよう。

根底には原因はすべて「お金」への意識があると僕は見ています。

つまり生活費が稼げないと人はダンスは”娯楽”として諦めてしまうのです。とても勿体ない…

  1. 転勤は断れます!そして会社にすがり付かないと喰っていけないスタンスで生きていると、必ずまた諦めるものが増えます。会社に帰属しているかたも副業解禁もされているし、自分の事業をコツコツやられることをオススメします!
  2. ダンサーで生きていくには努力の仕方を間違えないこと。ダンスが上手くなるだけでは厳しいです。「ブログやSNSなど発信して自分ブランディング」「YouTube投稿で集客につなげる」「自分事業(商品)を作り稼ぎ口をコツコツ増やす」。

これがとても大事!

労働者、お金がないために自分の時間を生きられないようであれば、変えていく必要を感じます。

お金があると、精神的にもスケジュール的にも健康になる。

僕は月にダンス業で40~50万円稼ぎます。まだまだしょぼしょぼですがオンラインショップや有料noteもやっています。

お金があるとまず精神的な不安やストレスから解放されやすくなります。

みんな賃金を得るために必死にアルバイトやスケジュールを詰め詰めにしがちですが、そう言う状況は変えていかなければなりませんね。

稼ぎは出るものの努力の仕方を間違えていると疲弊するだけですし、だんだん限界を感じてきます。

なのでお金をしっかり稼ぐ!!!

まずこれを目指しましょう。大切だなと思ったのは

「月に◯◯万円稼ぐ!」

と数字をしっかり書き出し意識することです。僕は毎年10万円ずつくらい◯◯稼ぐ!とお正月に書き初めしたものです。

すると現実はそれを意識するようになり、数字がついてくる。

なんかスピリチュアルな話になってきましたが(笑)、数字を手繰り寄せるような感覚。

ぜひ目標数値を設定してみてください!

充分なお金を得たければ、やりたいことをやるしかない。

お金=信用

信用=成果物のクオリティが想像を越えてくる、自分の事を考えコミットしてくれる

高クオリティ成果物=アート性を発揮している

アート性の発揮=極限の集中力

極限集中力=ほんとうに好きなこと

僕はこんな図式を持っています。沢山お金を得るには、やりたいことを沢山やることだ!

タイトルとURLをコピーしました