おすすめ新刊「新世界」西野亮廣(キンコン西野)

いつも活動や動向にとても注目している西野亮廣(キングコング西野)さんの新刊「新世界」を読んだ!!

内容を簡単に
過去の著書「魔法のコンパス」「革命のファンファーレ」を読んでいるかたはスムーズに読み進められる内容になってます。
3部構成で

①貯信時代、新しい「お金」の話

②オンラインサロン・クラウドファンディングの性質の話

③新しい価値観の世界を考察していく話

おもしろいと思ったページ

p.230-p.240の

時間軸で見た地図の話と、現代人は心の距離で行くところを決める、ところ。

・「時間軸」で地図を描いたとき東京から見て長野県は沖縄県より遠い、のように物理的距離ではなくなってきた

・徒歩1分の「知らない店」より、徒歩5分の「知り合いがやってる店」の方が心理的距離が近い

確かにな〜〜と想像が膨らみました

印象に残ったワード

・「自分が理解できないものを批判してしまうとね、未来の自分の首を絞めることになってしまうんだ」p.89

・「買い物をする時には”何を買うか?”に加えて”誰から買うか?”という選択肢が生まれる」p.109

・「匿名のSNSは得策じゃない。匿名で呟いても実生活における信用ポイントは増えない」p.110

・「”嘘をつかなくてもいい環境”を手に入れるんだ」p.120

・「クラウドファンディングの”打ち上げ花火”感が気になってきた」p.149

・「完成品にお金を払っているわけではなくて、”完成させること”にお金を払っている」p.155

・「信用度とその人に寄せられる文字数はそこそこ比例する」p.309

・「手元にあと20文字しか残っていなければ、キミはその文字を大切な人に贈るだろう」p.319

・「元来、言葉は美しい。言葉を汚している原因は「文字」が無尽蔵に発行できてしまうことと、そこからくるボクらの甘えだと知った」p.319

文脈で見ないとよく分からないかもですが、私の琴線にかかった言葉でした

まとめ

本人の体験談がベースとなり進んで行く構成で理解がチョーしやすいです!イメージできる!そして感情の部分からくる「もっと世の中を良くしていきたい」という動機がビンビン伝わります。

あとすごいなと思うのは、感情から生まれた発想や行動を「論理的に」すべて説明できると言うころ!!!

ぜひ読んで見てください!

タイトルとURLをコピーしました