こどもにダンスをやらせるのはいい?

まつわるです

未成人、とくに小中学生のこどもにダンスをやらせるのはどう思いますか?

親御さんで子どもにダンスをやらせている、これからやらせたい!と思っているかたへ向けて!

ダンサーから見える目線を書きます

ダンスをやらせるメリット

順序だてて覚えるちからが身に付く(左脳的)

ダンスレッスンでは「再現性をたかめる」練習をします

からだをつかって習ったことを正確に表現にすることは

算数の問題を解くような練習にちかいです

正確を導く作業

物事のひとつひとつを理解し順序だてておぼえていくちからが身に付きます

創造力・想像力が身につく(右脳的)

ダンスは運動の側面もあるけど、だんだん成熟してくると

・自分だったらこうする!?

・わたしはこの曲の、こうこう、こういうところが好き!

・自分で振付つくるのたのしい!

という自発的なエネルギーに変わっていきます

ダンスにも定義やルール、メソッドはありますが自由な表現がゆるされるとてもいい側面もあるのです!

創造・想像zozotownみたいなかんじで子供たちは豊かな感受性が身につくでしょう

ダンスやると同時に「音楽」を聴いているのも五感のフル回転につながりますね!

からだひとつで続けられる

ダンスはサッカーや野球のように「専門具」が必要ありません

家でも公園でもできます!

初期費用がほとんどかからないところは親としては嬉しいところ☆

足腰がつよくなる

大人になったときにやっぱり資本は「からだ」

ダンスはステップするので体幹と足腰はかなり鍛えらます

やりすぎるとヘルニアや膝をわるくする場合もあるので適度がいいですが、からだづくりになります!

個人でも、チームでも活躍できる!!

これはダンスのすごく良いことのひとつ!

ひとりでもダンスできるし、チームで踊りあって楽しめむことも選べます

いろんな世代・人種の人間がまじわる!

ストリートダンスは本当に幅広い年齢層に親しまれています

音楽好き、DJ、芸能人、フィットネス感覚の人、隠れ偉人(笑)、社長、お医者さん、クリエイター、主婦、大学生、外国人

わたしもいつも感じますが、普通に生きていたら絶対に交わらないたちとも交流を持つ機会が多い!

これは人生においてとても重要なことかもしれません!

ダンスをやらせるデメリット

ハッキリとした結果がわかりにくい

ダンスで充実感を得ることには踊る喜びのほかに

・順位をつけられることで栄誉を獲得していく

・仕事のキャリアにしていく

という心理もあるとおもいます

その喜びを得る手段としてスポーツのように、競技としてコンテストやバトルがあります

しかし、

「ハッキリとした技術点の採点方式がない」ことで

・成長度合いを正確に測る

・正当な評価をうける

ことが約束されないことがあります

「上手くなってるはずなのに、、」

「良いダンスしたと自分ではおもったのに、、」

と悩んでしまう子ども(大人もふくめ)も多いのではないでしょうか?

キッズダンサーの育成をし数々コンテストに参加させてきて、そんな場面をたくさん見てきました

外的要因に左右されることが多い

・同じパフォーマンスを発揮したとしても審査員が変われば評価がかわる

・音響や照明設備、審査員が粗悪だったりするとせっかく良いダンスをしてもパフォーマンスがつたわらない

といった外的要因が評価を左右します

とても歯がゆい気持ちになったりします

まとめ

・ダンスは、ダンスそのものもルールも自由

・そのぶん正確な値や評価をきめることがむずかしい

・良い意味とよくない意味でも外的要因がある

・こどもの発育にとてもいいバランスで要素を含んでいる

ぜひ参考にしてみてください!

やっぱりダンスのことを考え出すと深いなあ

それではっ!

タイトルとURLをコピーしました