おすすめ曲探しツール4選

まつわるです。プロダンサーでブロガーの卵です

ダンスやってるひとは

「イベント、発表会」など

日頃の成果を発揮するチャンスがあると思います

その時、必要な楽曲を探すのに困ることはありませんか?

今日は「曲を探しだすおすすめ方法」を

普段私が利用してるものを中心に書きます☆

特に地下音楽について

地下音楽ってなに?

巷では

アンダーグラウンド(略してアングラ)ミュージック

という言い方をします

  • アングラミュージック

ポピュラー音楽と比べてニッチな音楽のことを指す場合が多い

いわゆるディスコ・クラブミュージックと呼ばれるもの

アーティストやDJやクラブ、大小問わず音楽カルチャーの核であり本質が混じっている音楽!(と捉えています)

反対に

  • オーバーグラウンドミュージック

テレビや広告から知るようなJ-POPや洋楽

いわゆるポピュラーミュージックと人々が呼ぶもの

 

パソコンで曲をダウンロードするのが当たり前になった時代

その前提で私が使う(使っていた)ツールを紹介します

  • SoundCloud
  • Shazam
  • NEWTONE
  • Juno Download
  • Bleep
  • Jet Set
  • beatport
  • iTunes
  • Trax Source

など色々あります

今日はこの中から私が普段活用するおすすめツール

SoundCloud       Shazam         NEWTONE       JunoDownload

について紹介します

SoundCloud

SoundCloudは音楽ストリーミングサービスでiTunes StoreやGoogle Playから無料ダウンロードできます

アカウントをフォローし、タイムラインにその投稿が流れてくる構造で

いわば音楽版SNSです

投稿者はDJやアーティストが多くライブ音源を投稿してたりします

専ら私もレッスンで流しっぱなしにして毎日つかってます

良い点は

未発売の曲が先行ストリーミング配信されてることが多く見受けられることです

アーティストやレーベルをしっかりチェックしておいてフォローしておけば

タイムラインに新曲がどんどん流れてくるので情報を得られる良いツール!

ただ、アーティストやレーベルの名前をちゃんと知っている必要が少しあります

DJのミックス音源であればレッスンでも流れが途切れないのでスムーズにレッスンできるのでオススメです☆

~SoundCloudのツール性~

SNSとしての強みがあり情報を得やすい!

Shazam

流れる音楽をスマホに聴かせ、認識すると曲名とアーティストが分かる王道アプリ、シャザム。

iTunes StoreやGoogle Playで無料ダウンロードできます

音声認識に誤差が生じる場合が多いですが、

手っ取り早く曲名を知れる優れアプリで多くの人が利用しています

音楽初心者には使いやすいツール

ある程度の地下音楽ならよく認識してくれます

~Shazamのツール性~

手軽で便利!誰でも使いやすい!

NEWTONE

LPレコード販売ウェブサイトのニュートーン。

データ音源のダウンロード購入はできずレコードとして購入するタイプですが、

毎日かなり新譜や話題の曲が更新されます

  • 新しい曲で流行りを先どりたい
  • 他人と使用楽曲がかぶりたくない

という方にはとても良い情報を得られるサイトです

なんと言っても

サイトデザインと、視聴読み込み速度の速さ

がとても優れていて使用していて疲労感が殆どなく

ストレスフリーに曲探しできます

そして商品やアーティストの解説が豊富で知識としてとても役立つ分かりやすい情報が満載のも特徴です!

NEWTONEへ

~NEWTONEのツール性~

見やすさと視聴速度Good!解説も豊富でまさに音楽辞書!

Juno Download

こちらはヨーロッパ発のデータ音源ダウンロードウェブサイト、ジュノ。

ダウンロード購入にはクレジットカード情報で登録が必要ですので、10代の子や初心者には少しハードルありかと思います

(iTunesカードやGoogleカードでは買えないので注意!)

使用していて良いなと思うのは

かかえる曲数の多さ!

曲情報(曲名・アーティスト名)を検索すると高い確率で見つかります

類似サイトにbeatportやTraxsourceがありますが

比較してみると、Junoがやはり見つかりやすいなー!という感覚あります(曲のジャンルにも寄るかもしれませんが)

でもbeatportやTraxsourceもわるくないですしちゃんとしたサイトですし機能も殆ど変わりません

サイトデザイン(見やすさや親しみやすさ)の好み

で分かれるかなと思います

Juno Downloadへ

~Junoのツール性~

曲数が豊富!検索がヒットしやすい!

探す手順

紹介した4ツールを駆使して私がよくやる方法

パターン1

👀🔎SoundCloudのタイムラインに流れてくる新ミックスや新譜をチェック

🎧Shazamで良いなと思った曲を認識させ曲名を知る

💻💴Juno Downloadで検索しヒット!ダウンロード購入

がよくある流れです

パターン2

📀NEWTONEで新譜をチェック!

💴そのまま購入し、LPレコードをゲット!

パターン3

📀NEWTONEで新譜LPレコードをチェック!

💻Juno Downloadでその新譜がダウンロード配信されてないかチェック!

💴ヒット!ダウンロード購入!

私はこの3パターン

良質音楽に出逢うには毎日チェックする習慣を!

使える曲が欲しい!と思ったときに

ある程度の情報に普段から触れていないと曲はなかなか手元には舞い降りてこないもの

音楽へのアンテナを日常的に立てておくことが大切です

自分が理想とする曲に出逢えたり、選べる曲があるというのはかなり楽しい経験ですので

ぜひ普段からツールを活用してみてくださいね☆

また探しかたのコツを発見したら記事にしようと思います

それではっ!

タイトルとURLをコピーしました